むし歯菌のお話し

むし歯とは、お口の中のたくさんの細菌が糖を利用して「酸」を作り、その酸によって歯が溶かされる病気です。

その代表的な原因菌には「ミュータンス菌」と「ラクトバチラス菌」がいます。

 

ミュータンス.jpgミュータンス菌とは・・・・・

 

むし歯のきっかけを作る菌です。生後10ヶ月〜31ヶ月くらいの間に保護者(主に母親)から感染します。一度感染してしまうと、なかなか口の中から排除することは困難です。

 

特徴

・人の口から口へとルートで感染する。(特に母子感染)

・糖を餌にネバネバのグルカン(物質)をつくり、歯にぴったりくっつく。

・強い酸をつくり出す。

・酸性の環境でも平気で生き延び更に酸を作り続ける。

・エナメル質というツルツルな面にもくっつくことが出来るのでむし歯のはじまり(脱灰)を作り出す。

・一旦感染すると一生口の中から排除することは出来ません。

 

 

一旦口の中に大量のミュータンス菌が感染すると、歯磨きをしたくらいでは菌の量を減らすことは出来ません。ミュータンス菌は糖を餌にネバネバのグルカンを作り出します。また、ミュータンス菌の表面には螺旋状の突起物があり、それが菌の表面にねじ込むようにして歯に張り付きます。そして細菌が集合体を作り、歯の表面に形成された膜ができます。

これを、バイオフィルムといいます。

バイオフィルム.jpg



ラクトバチラス.jpgラクトバチラス菌とは・・・・・

 

むし歯を進行させる菌です。炭水化物の摂取量に比例すると言われています。深いむし歯があったり、お口の清掃状態が悪かったり、詰め物の適合が悪かったり、糖分を大量に摂取したという条件が増えていきます。

 

特徴

・強い酸を作る。

・つるつるな面では生活できない。

・歯ブラシをしっかりやること、適切な詰め物をするとほぼゼロにすることができる。


むし歯の原因

むし歯の3つの要素.jpgむし歯は3つの要素に時間の経過が加わって出来ると言われています。

その要素とは、まず第一条件の「むし歯菌」。そして「糖分」「歯質」になります。「歯質」とは、個人個人の歯の強さや唾液の力のことです。むし歯になるリスクを小さくするにはむし歯の原因となる3要素の重なり合う時間の面積をできるだけ少なくすることで、むし歯になるリスクを下げることが出来ます。

 

それでは、どのようにリスクを下げることが出来るのでしょうか?

 

むし歯菌」・・・・・・むし歯菌はゼロにすることは不可能です。

           ですが、日々行うブラッシングでのプラーク除去のセルフケアと歯科医院での清掃とバイオフィル           ムを除去するPMTC(専門の機械による清掃)のプロフェッショナルケアで口腔内をきれいにする           ことで菌の活動を抑制します。そしてキシリトールを摂取して細菌を良い菌にコントロールしていく           ことが必要です。

 

糖分」・・・・・・食生活習慣の改善。おやつの取り方の改善。砂糖などの心配がないおやつを選択するなど。

 

歯質」・・・・・・フッ素を使った歯質強化。好く噛んで唾液の分泌を促進して再石灰化を起こ し溶け出した歯をもと          通りに戻してもらうこと。歯科医院でのシーラント(歯の溝に白い樹脂をうめる予防処置)による予防          など。

むし歯と唾液

むし歯は口の中にいる一部の細菌が私たちの食事の中の糖質を食べて、作り出した酸によって歯が溶けてしまった結果起こる病気です。むし歯のなりやすさは、細菌の量や糖質をたべる頻度や量、また唾液や歯そのものの抵抗力などで、個人個人まったく違います。通常口の中では脱灰と再石灰化という現象が常に起こっており、脱灰が進むとむし歯になり、再石灰化が進むと歯は元の状態に近づいていきます。

再石灰化.jpg

脱灰(だっかい)・・・・・

プラークの中にたくさんの細菌が常在しており、その細菌は口に中の糖質を食べて酸を産出します。酸が増えて口の中が酸性の環境になると歯の成分であるカルシウムイオンやリン酸イオンが溶け出していってしまうことを脱灰といいます。この現象が続くとむし歯になるのです。

 

再石灰化(さいせっかいか)・・・・・

唾液中には歯の構成成分であるカルシウムイオンやリン酸イオン、また様々な物質が含まれています。口の中がきれいになると唾液の働きによって口の中が酸性から中性に戻り溶け出したカルシウムイオンやリン酸イオンが再び取り込まれます。そして少しずつ結晶化されることを再石灰化といいます。

初期のむし歯はこのような作用によって元に戻ることができます。再石灰化のときにフッ化物イオンがあると酸に溶けにくい丈夫な歯になります。

                 唾液リンフッ素.jpg

 

以上のように唾液はむし歯予防の為にとても重要なのがわかります。再石灰化はもちろんのこと、口の中を流れ続けて食べ物の残りカスを洗い流しいつも清潔に保つはたらきをしています。また、口の中の細菌を除去し、唾液中に含まれている免疫物質によって粘膜などの細菌感染を防いでいます。

 

 

▲このページのトップに戻る