訪問歯科診療(歯科往診)

訪問歯科ってご存知ですか?

 

訪問診療とは、通院が困難な方やお身体の不自由な方

の歯科往診サービスです。ひいらぎ歯科医院では歯科医師

や歯科衛生士などの専門スタッフが患者様のご自宅や

介護施設、老人ホーム等の施設に伺い歯科治療や口腔

ケア、リハビリテーションを行っております。

 

 

 

 

訪問歯科診療の重要性


歯周病の予防・・・・

 歯周病菌が原因となって、身体的な病気を引き起こす場合があります。


口腔清掃・・・・

入れ歯.gif 歯のブラッシング、舌の汚れを取ること、入れ歯を洗浄するなど、お口の中

 を清潔に保つことは、全身疾患の予防になります。口腔内の雑菌が原因

 で、大きな病気を引き起こすこともあります。お口の衛生管理は、すなわ

 ち、全身的な健康管理とも言えるのです。


摂食嚥下障害の訓練・・・・

 摂食・嚥下とは、

 ・食べ物を口に入れる

 ・口の中で咀嚼する

 ・飲み込む

 といった「食べる」ための一連の動作のことです。

 摂食嚥下障害とは、このような動作がスムーズに行えず、 食事中にむせてしまう、食べ物を

 飲み込むことだけでなく、 口の中に入れることや、噛むことさえできなかったり、 認知症の

 ために「食べる」ことさえ認識できない状態を言います。

 食事中のむせや咳き込みなど、飲み込みの障害がある方には摂食嚥下のリハビリやマッサ

 ージを行います。


誤嚥性肺炎の予防・・・・

 誤って食物や唾液が気管に入って肺炎になってなってしまうことを「誤嚥性肺炎」といいま

 す。お口の中の衛生管理を放っておくと、雑菌が繁殖し、唾液と共に雑菌が肺に入

 ってしまい肺炎を発病する場合があります。 

 

認知症・痴呆症の予防・・・・

  入れ歯の噛み合わせが正しくなると、食物を健康的に噛み砕くことができるようになりま す。
 「噛む」という動作は、脳に健康的な刺激を与えるので認知症の予防になるともいわれております。

 流動食になってしまうと、脳への刺激が低下して意識の低下をまねく場合があります。

 また、きちんとした噛み合わせが、はっきりした言語を引き出すこともあり、言語療法にもな

 ります。

 

全身疾患の予防・・・・

  お口の健康は全身の健康管理の基礎です。食物を健康的に咀嚼して身体に取り込めないと、
 正しく栄養を摂取することができません。「噛む」ことは健康の基礎です。

 しっかりと栄養を摂取することは、免疫力を高めることとなり全身的な疾患の予防になり

 ます。 

訪問歯科診療の費用

保険診療(医療保険・介護保険)が適応されますので安心してご利用していただけます。


医療保険

 ・高齢者の方

   お持ちの保険証に準じての自己負担額となります。

 ・障害をお持ちの方・生活保護を受けられている方

   各市町村の減免と同じ取り扱いとなります。

 

介護保険

 ・歯科医師によるもの                       1回 503円(月2回まで) 

 ・歯科衛生士によるもの  居宅の場合:1回 352円 (月4回まで)

                                   施設の場合:1回 302円 (月4回まで)    

 

医療保険負担金+介護保険負担金=訪問診療の負担金になります。

訪問エリア

訪問歯科診療でご訪問可能な範囲は、ふくち歯科から半径16km以内(下の地図の枠内)です。
(この距離は、健康保険で定められています)



           ふくち訪問地図.jpg


▲このページのトップに戻る