入れ歯について

今の入れ歯に満足いっていますか?

虫歯や歯周病、不慮な怪我などによって歯を失った部分は、たった一本の歯でもそのままにしておくことで様々な悪影響が出てきます。両側の歯が寄って噛み合わせも悪くなってきたり、審美面での悪影響だったり。

そこで「機能性を補う」ための一手段としての「入れ歯」があります。

 

入れ歯には、部分的に歯がなくなった場合に入れる部分入れ歯と、自分の歯が全部ない場合に入れる総入れ歯の2種類に別けられます。

素材も様々です。保険適応な入れ歯はプラスチック(レジン)をしようしたもの。自費で入れ歯を作る場合はさらにいろいろなバリエーションに増えていきます。


部分入れ歯.jpg

部分入れ歯


歯を部分的に失った場合に入れる入れ歯で、 残っている歯に金具をかけて入れ歯を維持させます。
金具も針金のように簡単に曲げることができるものを使ったり、 鋳造によって歯にあった金具を作って使用する場合もあります。歯の本数によって大きさや形は異なります。

 

 

 

 

総入れ歯.jpg

 

総入れ歯

 

歯を全部失った場合に入れる入れ歯であり、 上の総入れ歯は歯茎の土手に真空状態で密着させ維持をし、 下の総入れ歯は唇と舌と頬の筋肉のバランスで維持させるように作ります。
入れ歯の悩みせ一番多いのは、この下の総入れ歯を使用することによって、 入れ歯が安定せず動き痛みが出たり、上手く噛めなかったりすることが多いようです。

 

 


保険と自費

入れ歯には、部分入れ歯でも総入れ歯でも、保険適応なものと自費のものがあります。

健康保険に適用される入れ歯かどうかで、素材や形が変わってきます。
自費で入れ歯を作る場合はさらにいろいろなバリエーションに増えていきます。

ただ、保険のものは必要最小限の機能回復を目的として製作されるため、審美性・装着感・熱伝導・軽さなどを重要視する方には、自費の入れ歯の方が選択肢はあります。

そして、どちらにとってもメリット・デメリットがあります。


保険の入れ歯

メリット

・保険内で治療できる為、比較的安価で作製することができます。

 

デメリット

・材質はプラスチック(レジン)が主体のため、強度を確保する為に厚みをつけて作製する為違和感がある。

・衝撃に弱く壊れやすい。

・合成樹脂を使用する為、長期間の使用により 変色や磨耗が起こる。

・部分入れ歯は金属の留め金があるので義歯を入れてるが目 立ち審美性に劣る。

・留め金を隣接する歯に引っ掛けるためその歯に負担がかかる。


 自費の入れ歯

自費の入れ歯には材質がいろいろとあります。プラスチックの部分の素材が金属でできているもの。ナイロン素材でできているものなど、値段も様々です。


金属床.jpg


金属床の入れ歯


義歯床のレジンの素材の代わりに金属を使用する入れ歯です。その素材もチタンであったりコバルトクロムなどがあります。

 

 

 

 

 

メリット

・入れ歯を薄くすることができるので、保険の総入れ歯よりもしゃべりやすかったり、違和感が少なかったりする入れ歯を作れる可能性が高くなる。

・属は熱伝導性に優れているので、食事をした時の温度感覚が自然に近くなる。

・割れにくく、変形しにくい。

・ほとんどの症例で使用することができる。

・汚れが付きにくいので清潔。

デメリット

・保険適応外のため治療費が高価。

・金属アレルギーの原因になりやすい。

・修理が難しい。

 

 

金属床&保険.jpg

 

 

これは、左が自費の金属床。右が保険の入れ歯。

 

 





義歯 厚さ.jpg


厚さを見て比べると自費のものは半分以下です。

   

▲このページのトップに戻る