歯周病

歯周組織の図.jpg



歯を支える歯周組織に起こる病気の総称で、歯と歯ぐきの隙間に歯垢(プラーク)や歯石の付着によって歯肉に炎症が起きたり、出血したりする「歯肉炎」と、それがさらに進行して炎症が深部までおよび歯を支えている歯槽骨が溶け出す「歯周炎」の2つにわけられます。

 

 

 

 

 

しかし、現在日本人の成人のうち約8割の人は歯周病にかかっているといわれ、今や現代病の一つになっています。多くの人が悩まれており、自覚症状がないので知らず知らずのうちに状態がひどくなってしまい、気付いてからでは治療の効果もなかなか出にくいのが現状にある為、早期発見、早期治療が望ましいです。

 

写真.jpg

歯周病の進行

歯周病の進行.jpg


 

ピンクの引き締まった歯肉は健康のしるし!

歯周ポケットは0.5〜2mmの深さで引き締まっていれば健康な証拠。

 




赤く腫れて炎症があるのは注意。正しいケアで治ることも!

歯ぐきに歯垢がつき炎症が進むと2〜3mmになり歯肉が赤く腫れた状態に。

出血もしやすいが正しい歯磨きで健康な状態に治ることもあります。

 



腫れがひどくなり頻繁に出血も見られる。

歯周ポケットは3〜5mmに。歯周病菌により歯根膜や歯槽骨の破壊が始まり、痛みを感じることもあります。

 




歯ぐきの出血や歯の揺れがひどくなる。

歯周ポケットが5〜7mmに。歯や根っこに多量な歯垢や歯石が付着し歯ぐきの腫れや出血がひどくなり歯が揺れてきます。


 

 

 

ほとんど骨に支えておらず歯がグラグラ。

歯周ポケットが7mm以上になると危険度が大!骨もかなり破壊されて歯の根元が見えるほどになり上下にも歯が揺れて最終的には抜け落ちてしまいます。





歯周病の原因は歯の表面に付着する細菌です。細菌は歯と歯ぐきの境目から進入して体内の血管にのって全身に巡っていきます。歯ぐきが炎症状態になると出血や膿がみられます。身体の抵抗力が低下したときなどは腫れを繰り返すこともありひどい痛みなどを伴う場合もあります。そして歯の周りの歯槽骨を溶かして、歯がグラつくようになってしまいます。

歯周病が全身に及ぼす影響

全身に及ぼす影響.jpg

 

歯周病はお口の中の病気だけだと思われがちですが、歯周病は生活習慣病の一因にもなり全身に悪影響を及ぼします。歯周病が引き金となり、動脈硬化、心臓病、糖尿病、早産、低体重児などの様々な病気を引き起こしています。最悪の場合、歯を失うだけではなく全身の疾患に関わってくるということで歯周病の治療は重要になります。そして、歯周病を進行させてしまう要因は次のようにいろいろとあります。

要因.jpg

以上のように要因は様々ですが、その中でも一番リスクの高いのは喫煙と言われています。

喫煙していると血管が収縮し、血流が悪くなります。それによって歯ぐきへの栄養供給がうまく行えなっかったり老廃物の除去が行いずらくなり歯周病が進行しやすくなります。

症状

歯周病の症状は初期の段階ではほとんど自覚症状がありません。虫歯のように痛むこともあまりないのでなかなか歯医者さんに通わないので自分で気付いたときにはかなり進行している場合が多いといえます。

さて、どんな症状があるのでしょうか。

 

あてはまるかも?.jpg

・         歯の間に食べ物が詰まる

・         歯ぐきから出血する

・         歯がグラグラする

・         口臭が強くなった気がする

・         口の中がネバネバする

・         冷たい水を飲むと、歯ぐきに違和感がある。

・         歯が伸びたような感じがする

・    寝る時、口の中が熱っぽくなる。

 

などの症状がある場合は歯周病の疑いがあります。

後回しにせずに気付いたら治療を行いましょう。

女性と歯周病

女性.jpg女性は、女性ホルモンの影響で歯周病が悪化しやすいと言われています。生理前や妊娠中には、歯ぐきの毛細血管から女性ホルモンが多く出てきます。歯周病菌などの細菌はそれを栄養として増殖するのです。そのため生理前や妊娠中は歯ぐきが炎症を起こしたり出血したり、さらには、生理前には歯ぐきの違和感や、熱っぽさを感じることもあります。
さらに、閉経して女性ホルモンが減る更年期の女性も安心できません。今度は骨粗しょう症のリスクが高まり、歯を支える骨、歯槽骨がダメージを受けやすくなります。つまり、女性は歯周病のリスクが高いため、生涯にわたって歯周病のケアを続けることが大事なのです。

歯周病を予防するには

photo04.jpg

歯周病を予防するには歯周病の原因であるプラーク(歯垢)を除去することが一番重要になってきます。プラークは食事するたびに歯に付着しますので、毎日、または毎食後、自分で歯磨き、歯間ブラシ、デンタルフロスなどで丁寧に、そして確実に除去することでプラークコントロールする事が可能ですが、すでに歯周病にかかっている方は歯周ポケットが深くなっているため、歯周ポケットに入り込んだプラークを自分で除去する事は難しいので歯科医院でプラークを除去してもらわなければなりません。
どうしても、上手く磨けているようでもほとんどの方は磨き残しもあるので、家庭で毎日行うセルフケアと共に歯科医院で行うプロケアが必要です。歯周病は再発しやすい疾患です。定期的な検診を受けて歯周病の状態や管理、正しいブラッシング方法を教えてもらいましょう。

健康なお口を作る.jpg

▲このページのトップに戻る