口腔ケアとは

一つは、歯のブラッシングや舌の清掃の口腔清掃によってむし歯や歯周病(歯槽膿漏)とい

った一般的な歯科疾患の予防から、口の中をきれいにすることで誤嚥により引き起こされる

肺炎(誤嚥性肺炎)や呼吸器感染症などを防ぐ目的もあります。私たちの体には、外部から

ウイルスや細菌が進入しようとしたときに、異物を侵入させないように防御機能を持っていま

すが、口の中が細菌で汚れていると、この防御機能の働きが弱まってしまいます。口腔ケア

により、唾液がよく出るような状態にすることや、侵入したインフルエンザウイルス、肺炎球菌

や風邪の細菌などを洗い流す役割をします。

そしてもう一つは、、口腔機能(笑う・話す・食べる・表情を作る・呼吸する)を維持・増進させ

ることが目的の口腔ケアです。これは口腔機能のリハビリテーションとしての役割を果たし、

介護での歯科疾患予防だけでなく、認知症や痴呆症の進行の予防としても注目されてきて

います。代表的なものとして舌体操や、顔面体操、唾液腺のマッサージなどがあります。舌

を動かすことで、口の周りの筋肉トレーニングになります。摂食・嚥下障害を起こさないため

にも、歯だけでなく、舌や唇までを含めた全ての機能を活性化させ、口腔ケアでの重要な役

割を果たします。


おくちの体操 (むすんでひらいてVer) 

お口の体操.jpg

 

唾液腺のマッサージ

唾液腺分泌訓2練.jpg     

                 唇舌頬.jpg

 

これらの口腔ケアは、高齢者にとって多くのメリットがあります。口腔ケアを行うことで、歯科

疾患予防から、口腔機能の向上で健康の維持や増進を行い、生活改善から、食べることの

意欲が湧き、最終的に生きることの意欲も増してくるのです。また口臭予防の効果や、義歯

不適合などによる発音障害を改善することで、人とのコミュニケーションを取る機会を増やし

、社会生活にも好循環をもたらします。人との接触が少ない生活では、脳の刺激も減少し、

脳の老化を進める原因にもなります。口から影響して起こる、さまざまな健康への悪循環を

引き起こさない為にも適切に口腔ケアを行い、患者様のQOL(生活の質)の向上を目

指します。                                

うたう1.jpg                              


▲このページのトップに戻る